in 成長ホルモン

血中でたんぱく質合成に関わるのが成長ホルモン

-0 COMMENT
成長ホルモンは脳下垂体から分泌されます。
血液にのって代謝にかかわる作用が仕事です。

特に血液中のアミノ酸のたんぱく質合成に強くかかわっています。
よく、成長ホルモンは、就寝中や有酸素運動中に分泌されると聞きます。

ばらばらになったアミノ酸をたんぱく質としてかきあつめて修復していくというイメージですね。
なんとも頼もしいホルモンですよね。
しかし、なにごとも度が過ぎると分泌は、当人にとっては不足していると感じます。
そこで、成長ホルモンになる前の物質を取り入れることもあります。
この物質、女性ですとおなじみですが、女性ホルモンレベルも上げるのだそうです。
同じく男性の場合もそうなので、もしかすると おっぱいが大きくなってしまうのかもしれません。

とにかくこの物質をサプリメントに配合することはアメリカでも日本でも禁止されています。
成長ホルモンサプリメントを選ぶときに、違反サプリを購入することのないように十分に気をつけなければいけません。
効果がわかっているので、医療用としては使われています。

効果はあっても副作用が著しいものは普通に手にはできません。
NGです。
それでも人は、成長ホルモンの分泌を即する物質を探しました。

そして、それを配合したサプリメントを開発しました。
アミノ酸と、最近わかってきたビタミン類です。
ビタミンB6は、たんぱく質の合成を助けるという役割があります。

ホルモンってたんぱく質ですので。
当たり前すぎて今さらですが。

サプリメントの専門家が取り扱うのがこちらのサプリメントになります。
エイジングケア!アミノ酸サプリメント【HGHシールド】

医療用と違って、即座に影響があるものではありませんし、個人差があります。
残念ながら飲んでみないと自分に合う合わないが確かめられないというのが、サプリメントなどの健康食品のもどかしさです。
トクホですら、個人差があります。
もちろん、医薬品ですらそうですから、ちょっぴりの期待とともに信じてはじめるのもポジティブで素敵ですね。
逆に、期待薄ではじめて思わぬ恩恵があることもあるので、なんとも悩ましいサプリメント生活です。

しかし、はじめないとはじめらないので・・・これだけは、確かですよね。





関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment