in 無添加スキンケア

老舗のソンバーユで皮膚保護。のちにUV。

-0 COMMENT
なんでもオゾン層のぽっかり開いた穴が狭くなってるらしいですね。
どうして?

温暖化政策の恩恵ですかね。

それにしても暑いことに変わりはありません。
やはり、紫外線対策はやっておきたいと思います。
数年前は、マスクと帽子・日傘や手袋でがんばってましたけど、やはり年齢には勝てません。
そもそも、なぜかひとよりは地黒のせいか、あまりシミに悩んだことがなかったのです。

が、UVをバカのしてたときは、しっぺ返しをくらいました。
目の周りに、薄いシミができました。
これが、意外に、肌を汚く見せるのにはショックでした。
友人のシミは、ソバカスっぽくてかわいいとさえ思っていたのに。


今年は、UVの前にソンバーユを塗ります。
元祖ソンバーユは、ほかのメーカーさんよりもお高いのですが、説明書がたくさん入っていて、これだけでも買ってよかったと思えます。
もっとも、この感激は2度目までですけど。
読み込んでいくと、馬油の皮膚に与える効果がわかります。
厚生省が皮膚の保護対策として認めています。
厚生省が馬湯を化粧品の原料として承認したのが昭和63年です。
そして、特許庁が、平成5年、この馬油の製造開発者に、皮膚保護用原料として特許を承認しています。

株式会社 薬師堂さんが販売元です。

町のドラッグストアーにも置いてあります。

うちは、わたしと母のふたりで風呂上りに全身に使います。
買ったばかりの状態では、透明感ある白です。
一見、メンシレタームのように硬くて粘り気があるのかと思います。
が、指で吸い取り肌に乗せると肌の温度で、するるると、伸びて浸透していく感じです。

しばらくは、肌がテカっているので、いかにも塗ったというのがわかってしまいます。
そのうち、肌になじみますが、やはり艶はキープされたまま、元気に見せてくれます。


楽天市場では、爽快ドラッグとケンコーコムで時々開催されるお徳情報をうまくキャッチして定価以下で買えます。

わたしが購入しているお店は、いくらかは安いのですが、ポイントもなにもないのと薬剤師さんが少ないのか、あまり相談の市外もありません。




いまは、香りを愉しむ人も増えていて、エkンコーコムさんでは、ソンバーユもほのかな香り付が人気のようです。


関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment