in マイナス実年齢

内側からの磨きは、続けていけば、いつか自分のものになる

-0 COMMENT
湿度が高いと、体がだるおも。
でも、湿度があるから肌が潤うと、思ってる人。
ほんとうにそうなんでしょうか。

賛否両論あるようです。
だけど不快指数は高くなります。

気分が不愉快だとお肌にもよくないと私は思っています。
表情にも表れます。

ただでさえ、日本の言語は皮膚を動かさず言語化できることで、日本人にはたるみが多く発生するらしいのです。
言われてみれば、ドイツにお嫁に行った知り合いの娘さんは、2年そこらで、なんとなく顔の印象が変わったような・・・

気がするだけでしょうか。
でも、ご主人は日本人だけど、ドイツで生まれてドイツ語しか話しません。
お顔は締まってます。
無関係ではないかもしれません。
もっとも、20代30代でたるんでるほうがおかしいですね。

ジェスチャーや、言語がどうというよりも、表現の方法のように思います。
驚きや、悲しみや、落胆や、うれしいのどれもこれも、日本人から見ると、んなオーバーなという表現ばかり。

顔の筋肉もしっかり動いてますものね。

それと、日本人でも皮膚の薄い人は、たるんでません。
シワはありますけど。

女優さんでも極端にやせてる方は、たるんではいないけどシワが目立ちます。
でも、ちっとも醜くないというか、かっこよく見えるのは不思議です。
宮沢りえさんなんてかっこいいです。
やせすぎですけど、でも女性の色気があります。

なんなんでしょうね。

よく、愛されボディなんてキャッチコピー見かけましたけど。
円ければ、豊満であればいいってもんでもないでしょう。
やっぱり内面でしょうか。

内側から放つ輝きや雰囲気は、簡単には獲得できませんけど、そのぶん、自分の財産になります。
たとえば、物 で言うとサプリメントでもいいですが、食事で自分の健康や美を維持しようと思うと、かなりたいへんです。
でも、その選択肢がまちがっていなければ、すぐに結果は出なくても、確実に変化していくものです。
自分のものとして獲得できます。

外から美容は、いろいろ選択肢が多すぎて、いつも何かを探していますが、内面からの方法は、それほどは選択肢もないので、惑わされずに続けることができます。

月も替わりました。

なにか、今月から始めてみましょうか。

関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment