in 素肌実験談話

一年間、私の取った紫外線対策とは?

-0 COMMENT
ひとは、食べるものでつくられる。
って、京都大原の住人ベニシアさんがしみじみ言われてます。

ベニシアさんってご存知ですか?
イギリスのお城に住んではったお姫様?なんですよ。
何不自由のない貴族の暮らしを捨てて流浪の旅に出られたらしいんですね。
そして、縁があり、日本人男性とご結婚。
いまは、京都大原に自分の庭を持ち田舎暮らしをされてます。

時々化粧水をハーブで作って、そのレシピも発表されてます。
そこで、もしかすると私だけがそう感じるのかもしれないのですが。
ベニシアさんって、乾燥肌なんじゃないでしょうか?
なんだか、皮膚が薄くて、それでシワが多いように見えるのですが、いかがでしょうか?

やはり外国人と日本人の違いでしょうか。
庭仕事で真皮層が傷ついてしまってるのでしょうか。
そして、それはいくら有機なハーブをもってしても改善は難しいのでしょうか。
日本人は、表皮が薄いと言われています。
なので紫外線対策に一生懸命なのは、正しいと思うのです。
問題は、どんなもので紫外線を遮るかです。

やっぱり、皮膚に何か塗らないとガードは出来ないのでしょうか?
マスク程度ではダメなのでしょうか。
サングラスでは。
そのこたえは、私自身の経験からわかっています。
でも、わたしと同じ肌の方はいらっしゃらないので鵜呑みにはしないでくださいね。
長くなったので、次の記事にまわします。
  • Share

0 Comments

Leave a comment