in 誓約会社のスキンケア

あのスキナを作った会社のスキンケア

-0 COMMENT
皆さんはスキンケアを捜すとき、何を基準にしていますか?
もちろん商品力だと思います。
その商品が自分の肌悩みを解決してくれるだろうか。ということが一番、気になるところです。

ですが、どこのメーカーさんも自社の商品のデメリットは表に出しません。
なので、クチコミが気になったりするんですけどね。
でも、考えてみるまでもなく、お肌はひとそれぞれ違っています。、

どれだけ人気があるスキンケア商品でも、それが合う合わないはあります。
だから使ってみるのが一番、それを知るいい方法ではあります。
が、其の前に大事なのは、やはり企業の姿勢です。
理念です。
顧客のことをどれだけ大事に考えて、商品つくりをしているかです。
その本気度を感じるメーカーが、持田製薬さんです。
自分の会社の利益だけを考えてきた企業ではないということ。
それは、二代目の社長さんの考え方にさかのぼります。

この方は、もともとあまり健康体ではなかったそうなんです。
それで、医療者と接することも多かったのでしょう。
医療業界で働く看護のプロも、また、わたしたち一般の人間もともに利益になる商品を作ることに専念されてきました。

どういうことかというと、病院に行くまでもない、傷などを自宅で治せるような傷薬です。
これを開発していきます。
そして、入院中でも水なしで清拭できるような商品も作ります。
これは、忙しい看護師さんの手を煩わせることなく、患者さんも負い目泣く、いまでは当たり前にありますが、当時では画期的だったと思います。

創業から104年。
当初の理念は変わらず引き継がれていて、肌バリアの機能低下が原因で起きる肌悩みに向き合うスキンケアが作られました。

いま、問題になっている定期購入はありません。

簡単なアンケートにこたえるお約束さえ守れば、誰でもお試し商品を手に入れることが出来ます。

スタートは、安く設定して買いやすく、あたかも良心的に見せかける商法にはうんざりしている方が多いのではありませんか。
これは、流行の売り商法です。
なかなか、停止や解約の電話や、たとえメールででも、なかなかしにくいものです。
しかも、定期購入は、わざとかと思えるくらい、わかりにくい表示になってもいます。

定期購入を義務つけないメーカーさんが、ほんとうに少なくなってきました。
買う側としては、不愉快な気持ちは拭い去れません。
でも、ピークを過ぎれば下火になるのではないでしょうか。

どんな売り方でも、よいものは残るでしょう。

◎毎日使うものだから、低刺激、無香料、無色素、アルコール無添加、防腐剤無添加など
 肌にやさしい8つのこだわりを実現しています。
コラージュB.K.AGE(ビーケーエイジ) トライアルセット


ビーとは、敏感のビ・カンとは、乾燥のカンを取って名づけられています。






  • Share

0 Comments

Leave a comment