in リメモ

リメモで張るのではなくて、引き締めでシワ改善

-0 COMMENT
シワを伸ばすといいます。
どうやら、この考え方はおかしいということに気付かせてもらえたのが、リメモエアーガードルで注目されてる開発組織の考え方です。

なるほどと思えたのが、この考え方です。
皮膚が伸びるから、その余剰分がプリーツみたいに寄って、其の部分がシワになる。
表現は、わたしなりのものに変えています。

わかりやすいと思います。
なので、美容整形でシワのある部分をひっぱり、余分な皮膚を切り落としても、いづれはまたシワができてしまう。
ということなんだと思うのです。

それが、どれくらいの周期になるかは、個人差が出てくるところだと思います。
ですが、一度、ピーンと張った若々しく見える肌を手に入れると、すこしのシワも許せなくなるでしょうね。
首のシワ。
これも、けっこう薄着になると気になります。
それこそ、部分的に無理やりひっぱる美顔術は、不自然さが明らかになり、全身を施術したくなっていくのかもしれません。


はっきり言って、リメモエアーガードルは、そこまでの不自然さはありません。
ピーンと張ったような肌感覚はあります。
持ち上がったような、引き締め感覚はあります。
それは、表皮のシワがある人ほど感じます。

わたしがそうでしたから。
リメモ初体験は40代でした。

ちりめんじわに使いました。
目の周りの。
この時代はリメモエアーガードルはなくて、リメモクリームを使っていました。

ちりめんシワが、またたくまになくなり、つるつるな目元に戻って、テンションあがりました。
嬉しかったです。

リメモ化粧品の作用は、皮膚をあるべきところへ戻す技術です。
なので、ひっぱるのではなくて、収縮させます。
だから、使い続けると、シワが薄くなるのだと思います。

ひっぱる化粧品を使い続けると、さて、どうなるのでしょう?
考えると、怖くなります。



新発売「リメモ エアーガードルEX」セット
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment